fc2ブログ

初心者のためのデザイン雑学 ホーム » 
東京でデザインスクール在職中は生徒からの質問を中心に書いていましたが
引退後はお休みしていました。
世間では、ChatGPTが騒がれています。
AIが、テキスト生成やテキストから動画や画像も作ってくれます。
AIで描く油絵やAIで作る動画なども掲載してみようと思います。

WordPressだからできる格安ホームページ制作も承りますのでメニューからどうぞ!

AIで描いた鉛筆画



鉛筆画をAIで描いてみました。
プロンプトの書き方が難しい
いろいろ試行錯誤だったが、上手くできました。
スポンサーサイト



AIで描く油絵



AIで描いてみました。
プロンプトの書き方一つで予想以上のものができたり、裏切られたり・・・

AIで描いた油絵



最近、AIにはまっていますが、なかなか難しいです。日本語に対応していますが、詳しい説明は英語。
キーとなる単語(プロンプト)を入力しますが、なかなか思い通りにならない。

日本語入力で無料でAI画像が作れる「Seaart AI」の始め方



Seaart AIの始め方
この動画は3つのAIの組み合わせです。画像を「Seaart AI」で作り、音声と口パク画像を「Vidnoz AI」で作り、「Vrew AI」で「YouTube」のShort動画を作りました。
Short動画は1分以内なので説明不足ですが、静止画が喋ります!

プロとアマの境界がなくなっていると言うが?

何度も何度も同じ様な話をして申し訳ありませんが、プロはこんなことヤラナイを知ってほしいです!
欧文のサンセリフ書体の「S」や「O」「G」「U」など丸い部分が少しはみ出ているのも同じ高さに見える様にするためです。
デジタルで制作する様になってからグラフィックデザイナーの中にはソフトが自動的に揃えてくれるのでソフトに頼りすぎてその意識が昔ほどではなくなっているかも知れません。
mebunryo04
Adobe Illustratorでは発売当初から揃える機能があります。
「VISUAL」「DESIGN」をそれぞれグループ化し「整列」で左端に揃えると「V」と「D」の左端がきちんと揃ってしまいます。
これできちんと正確な仕事をしたと思っていてはデザイナーとしては情けないです。
上の「VISUAL」「DESIGN」の様に1行目の先頭に「V」や「A」など左端が尖っていたり「T」など下に空間がある1行目と、2行目の先頭に「D」や「B」など垂直線が左端にある場合、左端をきちんと揃えると「V」や「A」や「T」が内側に入って見え、揃って見えません。
これらも揃って見える様に調整する必要があります。
mebunryo01
どれくらいはみ出させるかはその人のセンスですが「V」が全くはみ出ていないのは問題です。
デザイナーとしては基本中の基本で当然の能力として持ち合わせていて欲しいです。
上記は、太さの半分ぐらい左にはみ出ていますが個人的にはこれぐらいで良いと思います。