Illustrator CS5からPDF保存 -

デザイン雑学 ホーム » PDF » Illustrator CS5からPDF保存

Illustrator CS5からPDF保存

PDF(Portable Document Format)とは、MacやWinなどOS等の環境に左右される事無く、同じ体裁で表示する電子文書ファイル形式のことです。元々パソコン表示を優先に開発されたアプリケーションなので印刷には向いていませんでした。
それを印刷に対応できる世界共通フォーマットとして開発されたのが「PDF-X1a」です。
しかし、このフォーマットの欠点は透明機能とRGBが使えません。それを使えるようにしたのが「PDF-X3」と「PDF-X4」です。

最新の、ISO(国際標準化機構)で定められた印刷物用の「PDF/X-4」形式は透明の情報を保持したままPDF形式で保存ができるので、「PDF/X-1a」形式での保存より、ファイルサイズの縮小化、保存の時間の短縮、文字品質の向上などに優れ、また、RGB画像・RGBカラーを含めることが可能ですので、今後発展しつつある電子書籍用のPDFとしても活用の幅が広がりそうです。

しかし、RGB画像を含めることが可能だと言っても,紙媒体のCMYKの4色カラー印刷を行う場合は、RGB画像の色彩が変更される場合もありますので、当然データはRGBでは無く,絶対にCMYKで行ってください。


Illustrator CS5から「PDF/X-4」保存方法
「ファイル」メニューから「ドキュメント設定」を選択する。

pdf01

「裁ち落としと表示オプション」の裁ち落としの天、地、左、右ににそれぞれを、3mmとする。

pdf02

仕上がりのサイズとアートボード(ドキュメント設定)のサイズを同一にする。
また、用紙の端まで色や画像が入る場合は、裁ち落としの赤いラインまではみ出して配置されているかを確認する。
pdf03

「ファイル」メニューから「別名で保存」を選択する。
「フォーマット」を「Adobe PDF」に設定し、書き出すファイル名を入力して「保存」をクリックする。

pdf04

「Adobe PDFを保存」のダイアログが出てきたら、上部にある「Adobe PDFプリセット」を「PDF/X-4:2008(日本)」を指定する。

左側メニューで「圧縮」を選択し、以下の様に設定する。
カラー画像
ダウンサンプルしない
圧縮:ZIP

グレースケール画像
ダウンサンプルしない
圧縮:ZIP

白黒画像
ダウンサンプルしない
圧縮:ZIP

左側メニューで「トンボと裁ち落とし」を以下の様に設定する。
トンボ
トンボ:チェックを入れる。
レジストレーションマーク:チェックを入れる。
種類:日本式
太さ:0.25pt
裁ち落とし
天、地、左、右、それぞれ3mm

設定は以上、最後に、PDF変換の設定を保存するため、
ダイアログの左下にある「プリセットを保存」をクリックする。

pdf05

「プリセット名」を任意に入力します。
ここでは「PDF-X4」とします。

(注)プリセット名には「/」や「.」は使えません。
このことは、「PDF」に限らず「Web」ホームページ制作のファイル名にも使えませんので、普段からファイル名には、「/」や「.」は使わないようにしましょう。

プリセット名を決めたら「OK」をクリック。

pdf06

「Adobe PDFを保存」のダイアログに戻りますので、「Adobe PDFプリセット」が先ほど入力したプリセット名になっていることを確認。

pdf07

ダイアログの右下にある「PDFを保存」をクリックするとPDF変換がスタート、ファイルの大きさにもよりますが、少し時間がかかります。
「PDFを保存」をクリックすると次が表示されますが、特に問題はありませんので「OK」をクリックする。

pdf08

次回以降は、「Adobe PDFプリセット」の「自分が決めたプリセット名」(PDF-X4)を選択すると、PDF変換の設定が自動的に行われます。

pdf09

保存されたものを開いて、間違いが無いかを確認。

pdf10


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/103-a3ddbce7