美大卒が全員デザイナーになれる訳では無い。 -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » 美大卒が全員デザイナーになれる訳では無い。

美大卒が全員デザイナーになれる訳では無い。

本日、MACデザインアカデミーの説明会に参加された方との
お話の中で、考えさせられることがありました。

美大を卒業してもデザイナーになれない人を複数知っているとのことでした。
美大を卒業したら全員がデザイナーになれる訳ではありません。
景気の良かった頃は、企業にも一から育てる余力がありましたが、
近年、即戦力を求める傾向が強いです。

美大を卒業したからと言って、IllustratorやPhotoshopを、
仕事レベルで使えない人もいます。
また、DTPや印刷の知識なども仕事レベルまで知っていると
自信を持って言える人は少ないでしょう。
当然仕事の流れは未経験者ですから、知らないのは仕方がありません。
また、ポートフォリオの作品のレベルもプロの仕事と比べると、
画像の扱いや文字組の甘さや、
文字周りの処理もレベルが違い過ぎます。


ソフトの操作方法だけでも、覚えるのが大変なのに、
企業が採用してから上記全てを教えるのは
相当な時間と労力がかかり、
教える人は通常の業務を止めて教えるので生産性も落ちます。
企業としてはその様なリスクを考えると、
即戦力を採用したいのが本音です。

しかし、デザイン会社は、常に新しい才能を求めているのも事実です。
ソフトもきちんと使える様になって、
DTPや印刷の知識、仕事の流れも把握し、
デザイン業界で制作する内容で、
レベルの高い作品を創れる様になれば、
その人の持ってる素質や感性なども重要なので、
経験者のみを募集してる会社でも必ずチャンスはあります。

それらのスキルがある人のほとんどは就職しているはずです。
昔の様に中途半端では就職は難しいです。
美大を卒業して、就職できなかった人も
別に才能が無かった訳ではありません。
いまの時代の環境が厳しく、運も災いしています。

デザイナーを目指す人は性格もおとなしく繊細な人も多く、
中には大人数での授業では、ついて行くのが苦手な人もいます。

サッカーでも野球でもスポーツを教えるのに
50人を一度に教えても、上達は難しいです。
技術を教えるのは少人数が適しています。
1クラス10~15人位で教えれば、先生はひとりひとりの性格も把握でき、
メキメキ上達する人はたくさん出ます。

就職できないからと、自分の夢を諦める必要はありません。
「即戦力」を目指せば夢は叶います。
しかし就職することだけを最終目標に考えない方が懸命です。

説明会に参加された方とのお話の中で気づきましたが
いままで、ビジュアルデザインコース以外は、就職できれば良いとの考えもありました。
今後は、MACデザインアカデミーの少人数での授業だからこそできることを
もっと充実させ、ビジュアルデザインコース以外の
どのコースも、就職できることだけに満足することなく
就職後、しっかり仕事ができる様になることを最終到達点として考えていきたいです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/117-22766d65