Illustratorの複合パスと中マド -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » Illustratorの複合パスと中マド

Illustratorの複合パスと中マド

Illustratorで、オブジェクトを「複合パス」に変換すると、グループオブジェクトの役割を果たし、含まれる全てのオブジェクトに最背面のオブジェクトのペイントとスタイル属性が適用されます。
「複合パス」は塗りがあるオブジェクトに対しては、重なり合ったエリアを透明に表示し、その部分を切り抜いたように見せることができ、背面に配置したオブジェクトや背景が見えるようになります。

但し下記の様にする場合はテキストをアウトライン化してから「複合パス」を選んでください。
中マドの場合はアウトライン化しなくても大丈夫です。

fuku001

テキストをアウトライン化しないでオブジェクトと文字を重ねて、「複合パス」を適用してもできません。
先ず文字を選択し、「オブジェクト」メニュー→「複合パス」→「解除」をしてから
もう一度「複合パス」を作成してからオブジェクトも含めて選択し、「オブジェクト」メニュー→「クリッピングマスク」→「作成」とすれば、上の様になります。

テキストをアウトライン化しないでやるには、「パスファインダ」の「重なり合う形状エリアを除外」(中マド)を選びます。
この方が簡単に上の様な結果になります。

fuku002

パスファインダの「重なり合う形状エリアを除外」(中マド)の場合、上のオブジェクトの色になり、中が抜けます。
「オブジェクト」メニュー→「複合パス」を選ぶと下のオブジェクトの色になり、中が抜けます。

fuku003

フォントはアウトライン化した場合、「O」や「R」などは「複合パス」になっているので中が抜けるのです。
「複合パス」を解除すると中が文字と同じ色になります。

fuku0041
fuku0042

文字をアウトライン化しないで、画像と文字を選択し、「オブジェクト」メニュー→「クリッピングマスク」→「作成」を選ぶと簡単に写真を文字の形で抜くことができます。

fuku005

でも、文字をアウトライン化してから、「オブジェクト」メニュー→「クリッピングマスク」→「作成」では
文字も画像も消えてしまいます。

fuku006

先ず文字を選択し、「オブジェクト」メニュー→「複合パス」→「解除」をしてから
もう一度複合パスを作成してから画像も含めて選択し、「オブジェクト」メニュー→「クリッピングマスク」→「作成」。

fuku007

今度は上手くいきました。

fuku008

自分でロゴやオブジェクトを作成した場合、一つ一つのオブジェクトを「複合パス」にしないで全体をまとめて選択し、「オブジェクト」メニュー→「複合パス」をすれば「オブジェクト」メニュー→「クリッピングマスク」→「作成」で上手くいきます。

「複合パス」が適用されているオブジェクトは一度「複合パス」を解除してから全体をまとめて選択し、もう一度「複合パス」にしてから「クリッピングマスク」を作成します。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/128-8a36cff1