Illustratorの「最前面のオブジェクトで作成」-1 -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » Illustratorの「最前面のオブジェクトで作成」-1

Illustratorの「最前面のオブジェクトで作成」-1

Illustratorで斜めで奥行きのある画像に合わせて文字やロゴを配置す場合、自由変形ツールでやると何度も何度もやらなくてはならず、苦労します。
「hotfrypan」さんから、簡単な方法を教えて頂きましたので私なりの解釈でご紹介します。

monim01
1.配置したいモニタの画面の縦横比が合う様に「長方形ツール」で長方形を描き、
  その中にロゴを配置し、グループにします。
monim02
2.ロゴを配置したいモニタの画面を囲む様にペンツールでトレースします。
  この時に注意したいのは、配置したい「モニタ画面を囲むオブジェクト」を最前面にしておいてください。

monim03
3.「ロゴを囲む長方形」と「モニタ画面を囲むオブジェクト」を選択して、
  「オブジェクトメニュー」→「エンベロープ」→「最前面オブジェクトで作成」を選びます。
  たったこれだけです。この様に簡単に自動的に変形してくれます。

monim04
4.先ほどは、「ロゴを囲む長方形」と「モニタ画面を囲むオブジェクト」が
  ほとんど平行でしたから上手くいきましたが、上の様に極端に傾斜が違うものはどうでしょう?

monim05
5.先ほどと同じ様にするとこんな感じになります。
  矩形のお互いの角度が違い過ぎると上手くいきません。

monim06
6.「モニタ画面を囲むオブジェクト」を回転し、「ロゴを囲む長方形」とおおよそ平行にします。

monim07
7.「ロゴを囲む長方形」と「モニタ画面を囲むオブジェクト」を選択して、
  「オブジェクトメニュー」→「エンベロープ」→「最前面オブジェクトで作成」を選びます。
  これで上手くいきます。
monim08
8.再度、「モニタ画面を囲むオブジェクト」を逆回転で元の位置に戻します。

9.「オブジェクトメニュー」→「エンベロープ」→「拡張」を選び、
  ダイレクト選択ツールで外側の輪郭を削除して完成です。

 ※配置するものは、ロゴや文字だけでなく、写真などのラスタライズされたものも可能です。
  Photoshopの画像を配置した場合は,「リンク画像を埋め込み」にしてからやってからください。
  次回は、「最前面オブジェクトで作成」の応用編を紹介します。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-03-13 19:21 │ from URL

ありがとうございます

この度は私の拙い説明を、このように分かりやすくご説明頂きありがとうございます。毎回記事を楽しみにしております。益々のご活躍を期待しております。応用編も楽しみです!

2012-03-14 09:41 │ from hotfrypaURL Edit

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/143-d43ae134

まとめteみた【デザイン雑学】

Illustratorで斜めで奥行きのある画像に合わせて文字やロゴを配置す場合、自由変形ツールでやると何度も何度もやらなくてはならず、苦労します。「hotfrypan」さんから、簡単な方法を教えて頂きましたので私なりの解釈でご紹介します。1.配置したいモニタの画面の縦横比...

2012-03-22 00:20 │ from まとめwoネタ速suru