紙のサイズについて -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » 紙のサイズについて

紙のサイズについて

紙の寸法でA4とか、B4とか良く耳にすると思います。
このA4とか、B4と言うのは「仕上寸法」のことで、「化粧断ち」と言う場合もあります。
化粧断ちする前のものを「原紙寸法」と言い「原紙寸法」は、印刷のくわえや余白、断裁加工するときの余裕などを考慮し、「仕上寸法」よりひとまわり大きくなっています。
JIS規格では、A列本判、B列本判、四六判、菊判、ハトロン判などがあります。

主な洋紙の原紙寸法(単位:mm)
四六判   :788×1,091
B列本判  :765×1,085
菊判    :636×939
A列本判  :625×880
ハトロン判 :900×1,200

A判の用紙で印刷する場合は、A列本判や菊判の用紙で印刷をしてから「仕上寸法」に断裁します。
B判の用紙で印刷する場合は、B列本判や四六判の用紙で印刷をしてから「仕上寸法」に断裁します。

A4

A1の寸法は594mm×841mmですから、それぞれを丁度半分にすると297mm×420mmになります、これがA3になります。
A1の用紙を半分にするとA2、その半分がA3、その半分がA4となります。
菊判からA4の紙は8枚とれますから、菊判1枚でA4サイズで16ページの印刷物がつくれることになります。
右の図は、正方形に近い印刷物をつくる方法です。
594mmを3等分すると198mm、841mmを4等分すると210mmです。
「原紙寸法」は「仕上寸法」よりゆとりがありますので2mmくらいは大きくしても構いませんので、
菊判からW:210mm×H:200mmの寸法で24ページの印刷物をつくることができます。
B1は728mm×1,030mmですから、B判ではW:257mm×H:243mmの寸法で24ページの印刷物をつくることができます。
この様な紙取りにすると無駄に捨てることが無くなります。

また、B3サイズを四つ切り、B4サイズを八つ切りとも言います。
電車の中吊り広告は、B3サイズで四つ切りポスターとも言います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/158-467ec01c

まとめtyaiました【紙のサイズについて】

紙の寸法でA4とか、B4とか良く耳にすると思います。このA4とか、B4と言うのは「仕上寸法」のことで、「化粧断ち」と言う場合もあります。化粧断ちする前のものを「原紙寸法」と言い「原紙寸法」は、印刷のくわえや余白、断裁加工するときの余裕などを考慮し、「仕上寸法」...

2012-05-12 15:52 │ from まとめwoネタ速neo