文字のスペーシング -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » 文字のスペーシング

文字のスペーシング

本来のスペーシング(spacing)は英文の単語の語間、行間の空け方の事を言います。文字の隙間のことではありませんでした。
しかし、グラフィックデザインの環境では、文字と文字の間隔を調整することをスペーシングまたは、カーニングと言います。
英文フォントは比較的完成度の高いカーニング情報が入った状態に設計されていますが、隣に来る文字によっては美しくありません。
英文字の場合はひとつひとつの文字幅が違うため、特に大きなタイトル文字などは、やはりスペーシングを行わないと美しくありません。
特にキャッチコピーを組む場合や、ロゴタイプなどを制作する場合、このスペーシングの技術が、デザインの美しさに直接影響します。
もちろん、和文の場合も同じです。キャッチコピーや見出しなど大きくて目立つ文字の場合は、このスペーシングの完成度には十分に気を配る必要があります。
スペーシングのセンスを見れば、そのデザイナーがどの程度の技量かも見抜けるとまで言われます。

しかし、特に和文の本文を組む場合は、必ずしもそれが当てはまるとは言えません、スペースを詰め過ぎると読みづらくなる場合もあります。
こうすべきと言った決まったルールはありませんが、文字の大きさや、1行の字詰めの長さや行数などいろいろな条件を配慮し、より読みやすく美しく見える様に様々な条件を考慮し、スペーシングを行ってください。

和文フォントは、仮想ボディという正方形の中にデザインされています。
文字列はこの仮想ボディがピッタリ密着して並んでいます。
「仮想ボディ」の中で、実際に文字が占める部分を「実ボディ」または、「字面」と言います。
つまり、「仮想ボディ」と「実ボディ」の間には隙間があります。
仮想ボディを隙間なく並べた状態をベタ組み(下記図)と言いますが、「仮想ボディ」と「実ボディ」の間には最初から隙間があるため、ベタ組みで組んでも隣り合う文字がぶつかることはありません。
kasou

仮想ボディに対する実ボディの割合は、フォントの種類や漢字、仮名によっても違います。
仮名は漢字より、実ボディが小さいため、ベタ組みにすると、仮名部分に不自然なアキが生じることになります。
当然、仮名部分の文字間をツメなくてはなりません。
しかし仮名にも文字幅が広い物も狭い物もあります。漢字にも「月」や「日」など狭い文字もあります。
均等につめても美しくありません。
手間はかかりますが、文字幅や文字そのものの空間をも見逃さないで、美しいスペーシングを身につけてください。

スペーシングだけではありませんが、行間なども含めた文字組のセンスを身につけるには実践あるのみです。組んだものをベテランのデザイナーに見てもらって、何度も注意を受けて、その感性を身につけてください。



MACデザインアカデミー http://joy.co.jp/mda/
デザインの基本であるデッサンから学べる、デザイン&DTP通信教育コースも好評!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/18-36a0e267