印刷物の黒1色とグレースケールは同じものか? -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » 印刷物の黒1色とグレースケールは同じものか?

印刷物の黒1色とグレースケールは同じものか?

印刷物の黒1色とグレースケールは同じものかとの質問がありましたので説明します。

monoku002

グレースケールには階調があり、黒1色には階調がなくモノクロ2階調の画像なので正確には違いますが、印刷としてはどちらもスミ1版(黒1色)なので印刷料金もほとんど同じです。どちらも黒1色刷の印刷物のことです。
一番右側の画像はPhotoshopに書出しすればアンチェイリアスがかかるのでグレースケールではないかと言う方もいるかも知れませんが、Illustratorで直接製版の時は、1ビットで出力されますので2階調画像です。

注意したいのは、「リッチブラック」や「レジストレーション」を使っては絶対だめです。モニタでは黒1色に見えてもしっかりデータを確認をしないと、製版をした時に印刷に必要の無い、C版、M版、Y版が出力され、余計な料金が発生します。

monokuro01

また、「オーバープリント」と透明効果の「乗算」は同じ様な結果になりますので同じだと思うかも知れませんが、これは全く異なったものです。
この件は次回に詳しく説明しますが結論としては「乗算」は使っても良いのですが「オーバープリント」を使っても色は濃くなりません。

monokuro03

Illustratorで作成された4色のデータを一括でグレースケールに変換することができます。レイヤーのロックを外し、すべてを選択して
「フィルタ」メニュー→「カラー」→「グレースケールに変換」(~CS2)
「編集」メニュー→「カラーを編集」→「グレースケールに変換」(CS3~)

パターンやグラデーション、アピアランス効果によってはグレースケール変換できない場合もありますが、その場合はPhotoshopに書き出して、グレースケール変換を行なってからそのファイルをIllustrator配置してください。

monokuro04

Photoshopのデータも必ずグレースケールモードに変換してください。
「イメージ」メニュー→「モード」→「グレースケール」

monokuro05
monokuro06

IllustratorCS4とCS5では「分版プレビュー」パレットを使用してグレースケールで作成されているかを確認することができますが、私は、Illustratorのデータを「Photoshop」の「CMYKに書き出し」し、「Photoshop」の「チャンネル」で確認することをお勧めします。C版、M版、Y版が全て白になっていればグレースケールのデータです。

dic

また、DICなどの特色の印刷の場合も黒一色でつくって、K版をDIC・222にて印刷と指定するのが一番簡単な方法です。
同じ様に特色2色の、例えばグレーとグリーンの場合もK版とC版でつくり、K版をDIC・654、C版をDIC・174と指定します。

注)モノクロ印刷を白黒印刷と勘違いする方もいますので簡単に解説します。
モノクロとはモノクローム(monochrome)の略で、単色のことです。テレビ・カメラ・映画などの映像では主に白黒(しろくろ)からなるものを言います、美術用語では、単一色だけ使って描いた絵(単色画、単彩画)のことを言います。
印刷でもモノクロ印刷には、黒1色だけでなく、DICなどの特色1色刷りの印刷も含まれます。

aki
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/181-378a2d9f