Photoshopの画像の大きさと解像度について -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » Photoshopの画像の大きさと解像度について

Photoshopの画像の大きさと解像度について

印刷物は350dpiだから72dpiの画像は印刷物には使えないと、耳にすることがあります。
デジカメの画像のほとんどは解像度が、72dpiになっています。
では、デジカメの画像は印刷物には使えないのでしょうか?
いえ、とんでもない勘違いです、使えます。
但し,DTPで使用する場合、撮影する前にカメラの設定で最高解像度(最高画質)に設定して置いてください。
標準で撮影して、後でPhotoshopで解像度を上げても何の意味もありません。

最近はデジカメの画素数も大変大きくなりましたが、1,200万画素のカメラで、最高解像度で撮影された画像は、およそ、A4サイズの350dpiの大きさで使えます。
最近では1,600万画素のカメラが主流になりつつありますが、B4には少し足りませんが、A4サイズの350dpiには余裕です。
では、どのように計算するかを説明します。

まず、Photoshopを立ち上げて、新規を開いてください。
幅、高さの単位が「pixel」になっているのを「mm」に変えてください。
この業界は単位を書いていない場合、「mm」だと思って良いので「mm」に慣れてください。
また、ホームページ制作の場合は「pixel」を使います。

pixel02

A4サイズの塗りたし3mmを含めた数値を入力します。(幅:210mm+6mm×高さ:297mm+6mm)
幅:216mm×高さ:303mm、解像度:350pixel/inchと入力してください。

カラーモードは印刷の場合は「CMYK」ですが、フィルタなど使えなくなる機能もありますので,最初は「RGB」でも大丈夫です。
カンバスカラーはバックの色です。チェック模様は透明ですが、好みの物で結構です。
「OK」をクリックしてください。

pixel03

「イメージ」メニュー→「画像解像度」を選びます。
「ピクセル数」が2,976pixel×4,175pixelと表示されます。画素とは幅×高さのピクセル数のことです。
2,976×4,175=12,424,800で、約1200万画素になります。

pixel05

今度は一番下の「画像の再サンプル」のチェックを外して、解像度を「72」にしてください。
幅が約1,049mm、高さが約1,472mmになりましたが、pixel数は変わりません。
つまり、72dpiの場合1メートルを軽く超える大きさで、350dpiの場合300mm位になります。

デジカメの画像はほとんどの解像度が、72dpiになっています。
dot とpixelの違いを説明すると混乱しますので,ここでは同じと解釈して構いません。
(dot / inch = pixel / inch)

pixel06

もう少し計算しやすい様に別の数値で説明します。
幅:200mm×高さ:200mm、解像度:100の画像があるとします。
Photoshopの新規で200mmと入力したのに、幅は199.9mmなどと端数が出ますが
これはPhotoshopの最小単位が1pixelだからです。気にしないでください。

pixel07

「イメージ」メニュー→「画像解像度」を選び、下3行の内、上2行のチェックを入れたまま、
一番下の「画像の再サンプル」のチェックを外して、解像度を200にすると寸法が半分になります。
このことをしっかり理解してください。
72pixel/inchでは計算が面倒なので100pixel/inchで説明しましたが、反比例する内容は同じです。

もう一点、Photoshopの画像は拡大すると荒れると言うお話は聞いたことがあると思います。
もし、幅:200mm×高さ:200mmで350dpiの画像が欲しければ
デジカメの画像は解像度が72ですから、1,000mm×1,000mmの画像が必要です。
72の約5倍が350ですから、寸法も約5倍必要だとの計算です。
もちろんバックに使うものなど少しは拡大しても構いませんが、シャープに表現したい画像はあまり拡大できません。

まとめますと「画像の再サンプル」のチェックを外して、目的の解像度を「350」にした場合、目的のサイズの8割位でしたらOKです。今度は「画像の再サンプル」にチェックを入れ、目的のサイズを入力し、次のトリミングの説明を読み、実行して印刷データとして完成です。

画像のトリミングについての説明です。
トリミングツールでやる方法もありますが、ここでは解像度で行う方法で説明します。

pixel08

例えば幅:200mm×高さ:300mm、解像度:350の画像があります。
これを幅:150mm×高さ:250mm、解像度:350にしたいとします。

pixel09

まず、「イメージ」メニュー→「画像解像度」を開いてください。
幅:200.01mm×高さ:300.02mm、解像度:350となっています。
画像の再サンプルのチェックを入れ
幅に150mmと入力すると高さが225mmとなり、250mmより少なくなります。

pixel10

これでは困りますので、高さに250mmと入力、今度は幅が166.67mmになりますので「OK」をクリックします。

pixel11

今度は、「イメージ」メニューの「カンバスサイズ」を開いてください。
ここで幅に150と入力し、基準位置で場所を決めてください。

上下を均一にカットしたいならば、デフォルトの「中央」、
上をカットしたいならば下の矢印を(上画像)
下をカットしたいならば上の矢印を選んでください。

pixel12

「OK」をクリックすると「画像の一部が切り取られます。」のコメントがでます。
「続行」を選択。

これで完成ですが最後に「イメージ」メニュー→「モード」でCMYKに変換することも忘れないでください。

Illustratorに配置した画像が1~2点位でしたらIllustratorでサイズ変更をしても構わないのですが、
ひとつの書類に何点も配置してそれぞれをサイズ変更するのは良くないです。
データが極端に重くなりトラブルの原因になります。
理想的には、Photoshopで複数の画像をひとつの画像にしてください。
これがデータも軽くなり一番良い方法です。


また、Illustratorに配置した後、画像を修正したい場合、変更したいPhotoshopの画像を開き、修正します。
サイズ変更はイメージメニュー→画像解像度を開いて修正してください。
わずかなサイズ変更はIllustratorでやっても構いませんが大きなリサイズはできれば避けたいものです。
80%~120%の範囲内にしたいものです。

Illustratorに配置した画像が埋め込み画像ではなく、リンク画像ならば、同じ名前で保存すれば自動的に新しい画像に置き換わります。埋め込み画像の場合は再配置してください。

0
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/184-928f4365