グラフィックデザイナーになるには -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーは資格だとか、美大を卒業だとか学位とかが必要な訳ではありません。
では、どうやったらグラフィクデザイナーになれるのか?
もちろん独学でも、グラフィックデザインをつくれる様になればグラフィクデザイナーになれます。

極端な話、あなたがグラフィックデザイナーの肩書きの名刺を持って、私はグラフィックデザイナーだと言っても別に詐欺で捕まることもありません。

問題は仕事の依頼があるか無いかだけです。
仕事の依頼がなければ自称グラフィックデザイナーです。
実力があり、世間に認められ、仕事の依頼があってはじめてグラフィックデザイナーです。

極端な話をしましたが、通常は美大、デザイン専門学校、デザイン系高校を卒業してグラフィックデザイナーになるケースが多いのですが、美大を卒業したから全員がデザイナーとして就職できる訳でもありません。
あなたの周りに美大やデザイン専門学校を卒業した方がいらっしゃいましたら聞いてみてください。
レベルの高い美大を除いて、デザイナーとして就職できたのは半分以下でしょう。
なぜでしょう、それは実力の世界だからです。

美大やデザイン専門学校をなんとなく通学していても実力はつきません。
就職できた人はかなり真剣に勉強したから就職できたのです。

給料をもらってデザインをすると言うことはプロです。
サッカーでも野球でもプロになるにはどんなに大変かは皆さんご存知のはずなのに、どうしてグラフィックデザイナーをそんなに甘く見るのでしょう。
もう一点、美大を卒業してもデザイナーになれない理由は、昔と違って不景気になってからデザイン会社が未経験者を育てる余裕が無くなったからです。
美大を卒業してもきちんとした基礎もできなく、パソコン時代になったいま、パソコンのスキルもアマチュアレベルでは就職は難しいです。

最初に書いた様に資格だとか、美大を卒業だとか学位とかも必要ありませんので、実力をつければグラフィックデザイナーになれます。
美大卒に負けないデザイン能力とパソコンスキルとプロレベルのDTPと印刷理論をマスターすれば良いのです。

MACデザインアカデミーのビジュアルデザインコースは、
「未経験者を1年でグラフィックデザイナーとして就職させます。」と自信を持って申し上げます。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/218-6d571c07