Photoshopで0.1mmの線を描く -

デザイン雑学 ホーム » Photoshop » Photoshopで0.1mmの線を描く

Photoshopで0.1mmの線を描く

Illustratorで0.1mmの細い線を5mm間隔で引いた物を、Photoshopで開くと線の太さが不揃いだとの質問を受けたので解説します。
Photoshopはピクセルでつくられていますので、mmで指定してもmmとピクセルの距離が一致しないため、きれいに仕上がりません。
Illustratorで線の太さや間隔をピクセルで指定することもできますが、今回は最初から、Photoshopでつくることを説明致します。

A案
1.Photoshopで100mm×10mm、350dpiの新規書類をつくります。

2.イメージメニューの画像解像度を開き、ピクセル数を調べます。
  ピクセル数の幅が1,378、高さが138となっています。
  つまり、350dpiでは10mmは138ピクセルですから、5mmは69ピクセルです。
  正確には1mmは13.8ピクセル、0.1mmは1.4ピクセルです。
  しかし、Photoshopでは1ピクセル以下の線は引けませんので、四捨五入して、
  1ピクセルを選んでください。
  0.15mmになってもよろしければ、2ピクセルを選んでください。

3.長方形ツールを選び、スタイルを標準から固定に変えます。
  幅を200px、高さを1pxにし、任意の箇所でクリックし、
  選択された箇所を黒で塗ります。

線1

4.また、長方形ツールを選び、スタイルを固定のままで
  幅100px、高さを69pxにし、3で描いた線を囲みます(上下の位置は任意)。

5.それを編集メニューの「パターンを定義」で登録をして、
  新規画面で登録したパターンで塗りつぶせば完成です。

どうしても正確に0.1mmの線が必要でしたら、次のどちらかの方法を選択してください。どちらも正確です。

B案
解像度を500dpiにして、線の太さを2ピクセルにすれば、正確に0.1mmの線が引けます。

裏技ーC案
解像度を350dpiのままで正確に0.1mmの線が必要ならば、これしか無いです。
線2

1ピクセルの黒100%の線の下に黒40%のグレーの1ピクセルの線を引き、4の方法で2本の線をパターンに登録し、塗りつぶす。
0.1mmは正確には1.4ピクセルですから、黒100%の1pxの線の下に黒40%の1pxの線を引くと0.1mmに見えます。


MACデザインアカデミー http://joy.co.jp/mda/
デザインの基本であるデッサンから学べる、デザイン&DTP通信教育コースも好評!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/23-a2b703b4