Illustratorのジグザグについて -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » Illustratorのジグザグについて

Illustratorのジグザグについて

zigzag00

Illustratorの「ジグザグ」の数値が分かりにくいとの質問がありましたので解説します。
上図のオブジェクトをつくる手順を紹介します。

zigzag01

1.最初に長さ100mmの直線を引き、「効果メニュー」→「パスの変形」→「ジグザグ」を選びます。

zigzag02
zigzag033

2.「オプションの大きさ」を「2.3mm」、折り返しを「4」とします。
  線の太さを4mmにしてオプションの大きさを「2mm」にするとブルーとグリーンのラインが接触します。
  つまり2本の線の間隔を少し空けたければ、
  線の太さの半分より少し大きな数字を「オプションの大きさ」に入力します。
  折り返し「4」は長さ100mmの線を5等分することになりますので、山から谷の距離は20mmになります。

zigzag04

3.「ジグザグ」の線を20mm右へ移動コピーし、色を変えます。

zigzag066

4.パスのアウトラインをします。

zigzag05

5.グリーンの左端に縦線を引き、40mm右へ移動コピーし、「パスファインダー」で「分割」をします。

zigzag077

6.両端の不要部分を削除し、グリーンの右側を下にするため 部分をブルーで塗ります。

zigzag08

7.ブラシメニューにドラッグし、パターンブラシを選びます。

zigzag00

8.好きなラインを描いて登録したブラシを選ぶことで図の様なラインガ完成です。

0
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/237-13c6e8f2