ワイヤーフレームの球体をIllustrator3Dの応用編 -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » ワイヤーフレームの球体をIllustrator3Dの応用編

ワイヤーフレームの球体をIllustrator3Dの応用編

kyu-007

ワイヤーフレームの球体をIllustratorでつくれないか?との質問があったのでつくってみました。

kyu-001

1.まず、マッピングとして貼付けるメッシュ模様をつくります。
  この様なメッシュ模様はパターンでつくる方が効率が良いのですが、
  Illustratorのバグでしょうか、線が太く膨らむ箇所が出るなど上手くいきませんでした。
  少し面倒ですが、端から端まで線で仕上げた方が上手くいきます。

  また、バックを透明のままにすると、球体も透明になり背面のメッシュ模様も描画されます。
  私は、後でPhotoshopなどでの加工を考えて、バックに白を塗りました。
  メッシュ模様をつくったら選択をし、「ウインドウメニュー」→「シンボル」→「新規シンボル」を選択。

kyu-002

2.「新規シンボルオプション」の種類を「グラフィック」に変え、「OK」。

hankyu-00

3.今度は「長方形ツール」の「楕円形ツール」で正円を描き、左半分を削除します。

kyu-003

4.右半分の円弧を選択したまま「効果メニュー」→「3D」→「回転体」を選択。

kyu-006

5.サンプルの様な球体を描く場合は、上から
  X軸を中心とした回転角度「20°」
  Y軸を中心とした回転角度「0°」
  Z軸を中心とした回転角度「0°」

  「角度」:360°
  「表面」:陰影なし(後でPhotoshopなどで加工の場合に都合が良い)
  「プレビュー」にチエック後、「マッピング」を選択。

kyu-004

6.左上の「シンボル」で先ほど登録したシンボルを選択し、左下の「面に合わせる」を選択。

kyu-005

7.「シンボル」が画面一杯に拡大されますので「OK」をクリック。

kyu-007

8.意外に簡単でしたがこれで完成です。
  当然と言えば当然ですが、目から遠くの箇所の線は細くなっていて自然な仕上がり、
  それに「Shade」と違ってビクセルデータではないのでシャープだ。
  これを「ウインドウメニュー」→「透明」で乗算にし、180°回転コピーしたものを背面に置き、
  色を薄くしたり、Photoshopで立体的に陰影をつけるなどいろいろ工夫をしてみてください。
  回転する場合は「オブジェクトメニュー」の「アビアランスの分割」を行ってからにしてください。

kyuf

これは、上の画像をPhotshopで加工した物です、ご参考までに。

symbol001
symbol002
symbol003

シンボルの形を工夫すればいろいろつくれます。左がシンボルの画像で右が仕上がりです。

symbol004

「アビアランスの分割」をすると裏面もつくられていますので、Photoshopに書き出してレイヤーを変えるなど
工夫をすれば上の様な画像もつくれます。

0
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/244-4df155c3