Illustratorの「個別に変形」はおもしろい -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » Illustratorの「個別に変形」はおもしろい

Illustratorの「個別に変形」はおもしろい

Illustratorの「個別に変形」でいろいろできますがその一部を紹介します。
ドットを15個×15個並べたパターンで簡単に説明します。
「オブジェクト」メニューの「変形」→「個別に変形」を選択すると、
個別に変形ダイアログボックスが表示されます。
右一番下のプレビューにチェックを入れてプレビューを確認できます。

dot-pattern01

1.外側1列以外を選択し「option」+「shift」+「command」+「D」で
  「個別に変形」ダイアログボックスが表示されますので
  「拡大・縮小」 水平方向:80%、垂直方向:80%、回転:0°、基準点を中央にし、「OK」。
  次に外側2列以外を選択し「command」+「D」の変形の繰り返し。
  同じ様に外側3列以外を選択し「command」+「D」を繰り返します。

dot-pattern02

2.隣接するオブジェクトの距離が近い場合、表示メニューをアウトラインにした方が選択しやすくなります。
  最後の中心部の「個別に変形」を完了すると上の図の様になります。

dot-pattern03

左の図は
外側1列以外を選択し「option」+「shift」+「command」+「D」で
「個別に変形」ダイアログボックスが表示されますので
「拡大・縮小」 水平方向:90%、垂直方向:90%、回転:-5°、基準点を中央にし、
「1」と同じ方法で順次「command」+「D」を繰り返します。

右の図は
全てを選択し「拡大・縮小」 水平方向:100%、垂直方向:10%、回転:45°、基準点を中央
次に外側1列以外を選択し「option」+「shift」+「command」+「D」で
「個別に変形」ダイアログボックスが表示されますので
「拡大・縮小」 水平方向:100%、垂直方向:100%、回転:-10°、基準点を中央
「1」と同じ方法で順次「command」+「D」を繰り返します。

dot-pattern04

少し工夫をすればこんなパターンも簡単にできます。

dot-pattern05

「1」で使ったドットを15個×15個並べたパターンを「拡大縮小」、「移動」、「回転」の数字を変え、
「ランダム」にチェックを入れ、何回かの「command」+「D」の変形の繰り返すと上の様に予想外の
いろいろなパターンができます。

dot-line

他にもやってみました。左が元のオブジェクトで「拡大縮小」、「移動」、「回転」の数字を変え、
「ランダム」にチェックを入れ、何回かの「command」+「D」の変形の繰り返すと右の様に予想外の
いろいろなパターンができます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/249-d569d08f