Rimiさんが、NYでグループ展 -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » Rimiさんが、NYでグループ展

Rimiさんが、NYでグループ展

MACデザインアカデミー卒業で書家のRimiさんが、NYでグループ展に参加されました。
場所はNYでもギャラリーが密集していることで有名なエリア、チェルシーにある大西ギャラリーです。

7名の書家が参加し、各3点ずつ、合計21点の作品が展示されました。
ギャラリーには様々な書家の個性あふれる作品が並んでいましたが、Rimiさんの作品はモダンで欧米のインテリアに合うとの評価をいただいたそうです。
その中でも好評だった作品がコレクターさんの目に留まり、ご購入いただいたそうです。
Rimiさんは、これでめでたくニューヨーカーだ。

Rimiさんからは、最初は出品するだけと思っていましたが、出来上がったらNYに行きたくなったので行ってきましたと彼女らしいコメント。

takasu_ny

浴衣を持って行ったので、作品の前でハイポーズ。

Rimiさんのコメントです:
外国の方が理解しやすい書とは、モダンであることが必須のようです。
私の書は余白を大きくとり、ミニマムさが特徴。
そのあたりが理解しやすかったようです。
書もデザインも同じだなあ~と感じました。
私は、デザインの視点で書をしたため、
表装などにてさらにデザイン的な仕上げをしているのかも知れません。


RimiさんはMACデザインアカデミーの初期の頃の卒業生で、
いまは有名広告代理店でアートディレクターをしながら、書家としてもご活躍中です。
生徒の時から行動的で皆のリーダー的存在でクラスメイトに上手いニックネームを付けるのでいまでもそのメンバーのことは憶えています。
カズオ、元気ですか?

Rimiさんの浴衣姿の印象通り、外見は大和撫子、心の中や精神面はその辺の男性が頼りなく見えるくらいです。
今後とも、ますますのご活躍が楽しみです。

Rimiさんのホームページです→

0
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/252-3c14132e