Illustratorで斜めのパターン -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » Illustratorで斜めのパターン

Illustratorで斜めのパターン

Illustratorで斜めのパターンを作る方法ですが、非常に簡単なのでやってみてください。


1.長方形ツールを選び、optionキーを押しながら適当な場所でクリックし、
  幅:52mm、高さ:2mmの長方形を作ります。

  色は何でもかまいませんが「C=50%」+「M=20%」とします。


patapata01


2.その長方形を選択して、「オブジェクト」→「変形」→「移動」→「垂直方向」に2mmと入力し、
  「コピー」「C=40%」+「Y=20%」とします。

3.例えば、この2本のストライプパターンを10mm間隔で並べたパターンをつくりたければ、
  2mm+2mm+10mm=14mmですから長方形ツールを選び、
  optionキーを押しながら前に描いた長方形の中心でクリックし、
  幅:50mm、高さ:14mmの長方形を作り、塗りも線も無しにし、
  「オブジェクト」→「重ね順」→「最背面」にします。

patapata02

4.3つの全てのオブジェクトを選択し、スウォッチライブラリにドラッグします。

patapata03

5.パターンを斜めに入れたい適当な大きめのオブジェクトを作り「塗り」に対して
  先ほどスウォッチライブラリに登録したパターンを選びます。
  この時点ではパターンは水平のままです。

patapata04

6.ストライプパターンのみ斜めに変形させたいので、オブジェクトを選択したまま、
  「回転ツール」をダブルクリックし、「オプション」の「オブジェクト」のチェックを外し、
  「パターン」のみにチェックを入れ、「角度」を指定します。
  今回は「45°」と入力し「プレビュー」にチェックを入れ確認、斜めを反対にしたければ「-45°」とします。

patapata05

このような簡単な45°のストライプパターンは最初から斜めでもつくれますが、
下のサンプルの様な場合は45°ならばできますが30°や40°の場合は計算不可能です。
でも上記の方法ならば簡単にできます。

patapata06

水平につくってから「回転ツール」で「パターン」のみにチェックを入れれば簡単ですね。

patapata07


0
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/256-441d3d4e