Illustratorの禁則処理について -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » Illustratorの禁則処理について

Illustratorの禁則処理について

「禁則処理」とは行頭や行末にくることを避ける文字や記号を設定することです。
「禁則処理」とは受け括弧や拗音、促音、音引きなど行頭に来てはいけない「行頭禁則」と、起こし括弧など行末に来てはいけない「行末禁則」があります。

kinsoku001

段落パネルの「禁則処理」で「禁則強い」に設定すると、拗音(ようおん)、促音(そくおん)も行頭に来なくなります。
拗音とは、しょるい、メディア、ソフトウェアなどの小さな「ょ」「ィ」「ェ」などです。
促音とは、マック、ブックなどの小さな「ッ」や「っ」です。

kinsoku002
kinsoku003

「書式」メニューの「禁則処理設定」ではデフォルトで用意された「強い禁則」と「弱い禁則」を見ることができ「行頭禁則文字」や「行末禁則文字」、「句読点のぶら下がり」、「分離禁止文字」が確認できます。
「新規」では「元とするセット」を選択してそのセットに文字を追加したり削除するなどカスタマイズもできます。

kinsoku004

通常正しい日本語としては「禁則処理」は必要ですが、「禁則処理」を行うとその分、残りの文字をその行に追い込んだり,次の行に追い出したりします。
自分の眼で字間などを確認しながら注意深く行ってください。

kinsoku005

「段落パネル」のオプションメニューの「ぶら下がり」にチェックを入れると、句読点がテキストボックスの外側に配置されます。
※このオプションは、「禁則処理」が「なし」の場合には適用されません。

また、段落パネルのオプションメニューの「分離禁止処理」にチェックを入れると、「禁則処理設定」の「分離禁止文字」で設定された文字は分離されません。
※このオプションは、「禁則処理」が「なし」の場合には適用されません。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/264-73c76fc0