Shadeの「アオリ」について -

デザイン雑学 ホーム » その他 » Shadeの「アオリ」について

Shadeの「アオリ」について

「Shade」のカメラの設定は難しく思う様にできない場合、「アオリ」の知識があれば解決できることもあります。
カメラの知識があれば、より分かりやすいのですが、とりあえずここでは建築写真には欠かせない「アオリ」について書きます。
従来、「アオリ」ができるカメラは蛇腹の大型カメラだけでしたが一眼レフでもシフト操作が出来るレンズもあります。
1例として、キャノンのTS-Eレンズを用いるとレンズ面のフルアオリが可能です。

カメラ

「アオリ」とは、レンズとフィルムの位置関係をずらして使うテクニックのことです。レンズの軸をフィルム面に対して平行移動したり(シフト)、傾けたり(ティルト.スイング)して、画像の形やピントをコントロールします。「アオリ」を可能に設計されたレンズのことをシフトレンズといいます。
「アオリ」によって建物などの遠近感歪み(パースペクティブ・ディフォルメーション)を補正したり、被写界深度をコントロールしたり、鏡などへのカメラの映り込みを避けるなどの用途としては便利です。

建築写真には特に必要とされるテクニックですが、建物の水平・垂直を正しく出して撮影するには、三脚は当然、水準器など特別な機材を必要とするため、あまり一般的ではありませんが、建築を専門とする方で、建築の記録撮影などの機会の多い方には、一眼レフカメラ用のシフトレンズは必須だと思います。

ビル

「Shade」で「アオリ」を設定するには、「表示」メニューの「カメラ」を選び、下図の丸印のバーを一番右に移動すると「アオリ」が設定されます。

aori


MACデザインアカデミー http://joy.co.jp/mda/
デザインの基本であるデッサンから学べる、デザイン&DTP通信教育コースも好評!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/27-2a145107