Photoshopで雲を切り抜く方法 -

デザイン雑学 ホーム » Photoshop » Photoshopで雲を切り抜く方法

Photoshopで雲を切り抜く方法

kumo001

雲を切り抜いて他の写真と合成する場合、下の写真の背景が上の写真より暗い場合は上のレイヤーの
描画モードの「通常」を「比較(明)」に変えることで簡単にできますが、今回はチャンネルのことを
理解して頂くためにもチャンネルを使った方法でやってみます。

kumo002

1.「ウィンドウメニュー」の「チャンネル」を選び一番コントラストの強い「レッドチャンネル」を
  複製します。
  複製する方法は「レッドチャンネル」をドラッグしたまま「ゴミ箱」の隣にある「新規チャンネル」の
  アイコンに重ねることで簡単に複製できます。

kumo003

2.「レッドのコピー」チャンネルを選び「イメージメニュー」→「色調補正」→「トーンカーブ」で
  雲の白い部分の調子を見ながらできるだけ空の部分を暗くしてください。
  「ウィンドウメニュー」の「情報」で空の部分が「K:100%」になっていれば空の部分は完全に
  透明になりますが、全てを「K:100%」にする必要はありません。
  全てを「K:100%」にしようとすると雲のデリケートな諧調がとんでしまいますのでご注意ください。
  デリケートな諧調を保つコツはトーンカーブを滑らかなS字にしてください。
  最暗部分を「K:100%」にしたい場合は左下のポイントを少し右に移動してください。

3.「commandキー」を押しながら「レッドのコピー」チャンネルをクリックすると雲(白い部分)が
  選択できます。

4.一番上の「「RGB」チャンネルをクリックして「レイヤー」に戻り「ゴミ箱」の隣にある
  「新規レイヤー」をクリックし「新規レイヤー」をつくり「白」を塗ります。

kumo004

5.このままでは「レイヤー1」と背景の画像が重なって変化が確認できませんので「レイヤー1」の下に
  新規レイヤー「レイヤー2」をつくり選択範囲を解除してから濃いめのブルーを塗ってください。

kumo006

6.「レイヤー2」の上に「山の画像」をペーストします。

kumo007-2

7.山がすっきり見えないのは「2.」でつくったチャンネルの空の下の部分が「K:100%」に
  なっていなかったため雲のレイヤー下部が薄く白が塗られているからです。
  すっきり見せたい場合は、雲のレイヤーに「レイヤーマスク」をつくり、下が黒く上が白い
  グラデーションをかければ山がすっきり見えます。

masuku001

8.雲を移動する場合は投げ縄ツールなどで大雑把に囲みコピー&ペーストします。

masuku002

9.空の部分に白が残った場合や不要な雲は「レイヤーマスク」をつくり、不要な部分をブラシなどで
  黒く塗れば雲は消えます。
  ブラシの濃度を10%など薄くすれば少しずつ消す事ができるので便利です。

masuku003

10. 山の手前に雲を置いてみました。
  ありえないのですが、好みによりPhotoshopで簡単に虹をつくることもできます。
  下記をご覧いただくことでレイヤーマスクのことも理解が深まると思います。

※Photoshopで簡単に虹を描く方法

0
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/289-23eecb15