文字の形で画像を切り抜く方法 -

デザイン雑学 ホーム » Photoshop » 文字の形で画像を切り抜く方法

文字の形で画像を切り抜く方法

sky001

文字の形で画像を切り抜く場合、文字の形で選択範囲をつくり選択範囲を反転し、外側をデリートすればできますが
レイヤーマスクを使えば後で文字の位置を変更したり、文字にレイヤー効果を追加したり、
バックだけモノクロにするなど簡単にできますのでその一例を紹介します。

sky002

1.バックになる「空の画像」を用意しそのレイヤーを複製し、2つ重ねます。

sky003

2.任意のテキスト「SKY」を入力し、「commandキー」を押しながらテキストレイヤーをクリックすると
  文字の形の選択範囲ができます。

sky004

3.テキスト「SKY」レイヤーの眼を消して「空の画像」の上のレイヤーを選択し、眼を開けます。

sky005

4.選択したままレイヤーパレットの下部に並んでいるアイコンの左から2番目の丸印をクリックすると
  空のレイヤーに「レイヤーマスク」がつくられ「SKY」の外側が消えます。
  
  文字の形で画像を切り抜く方法としてはこれで完成ですが、背景に同じ空の画像を配置し
  「ドロップシャドゥ」などの効果を試して見ましょう。

sky006

5.「空の画像」の下のレイヤーの眼を開け、「空の画像」の上のレイヤーをWクリックすると
  「レイヤースタイル」パレットが開かれます。
  「ベベルとエンボス」にチェックを入れ、サンプルを参考に任意の数値を入力します。

sky007

6.今度は一番上の「ドロップシャドゥ」にもチェックを入れ、サンプルを参考に任意の数値を入力します。
  「ドロップシャドゥ」の影の色がデフォルトで黒になっていますがクリックすることで好みの色に変更できます。
  この場合バックが空なので濃いブルーに変更しました。

sky008

7.左の「レイヤーサムネイル」と右の「レイヤーマスクサムネイル」の間にある「チェーン」のマークを
  クリックすると「チェーン」のマークが消えます。

sky009


8.右の「レイヤーマスクサムネイル」を選択し「SKY」の文字を移動すると画像位置が固定されたまま「SKY」の
  文字のみ移動できます。

バックの「空の画像」レイヤーを2つに分けてありますので文字の中の「空の画像」がカラーで
バックの「空の画像」がモノクロなど、またどちらかを明るくしたり色を変更することなども簡単にできます。
「レイヤー効果」などもいろいろ試してみてください。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/295-c42ea26a