モノクロ画像の一部をカラーに -

デザイン雑学 ホーム » Photoshop » モノクロ画像の一部をカラーに

モノクロ画像の一部をカラーに

画像の一部をカラーにし、他はモノクロの画像をよく見かけます。
作り方はレイヤーを複製し、上のレイヤーのカラー部分以外をマスクし、下のレイヤーを「色調補正」の「色相彩度」で「彩度を0」にする方法はよく耳にしますが、画像によっては色の階調が飛んでしまうことを前回説明しました。
また、「RGB画像」で操作をした後に「CMYK」に変換するとどんな方法でやってもC、M、Yの各チャンネルに情報が残ってしまいます。
C、M、Yに情報があると一見、モニタ画面ではモノクロに見えますが、正確なモノクロではなく印刷物にするとセピア調の濃い色になってしまいます。プリントアウトして比較すればその違いは明確ですとも書きました。

今回はこのことも含め、「色調補正」の「彩度を0」にする方法とは違う方法でやってみます。

anmitsu001

①まず、イメージメニューのモードで「RGB画像」を「CMYK画像」に変換します。

anmitsu002

②全てを選択し、コピー後、「チャンネル」に移動し、「新規チャンネル」を作成しペーストします。

anmitsu003

③「コマンド」キーを押しながら「アルファチャンネル1」をクリックし、選択範囲を反転し
 「CMYK」チャンネルサムネイルをクリックしてからレイヤーに戻ります。

anmitsu004

④「新規レイヤー」を作成します。

anmitsu005

⑤描画色に「K100%」を指定し、「option+delete」で塗ります。

anmitsu006

⑥選択範囲を解除し、その下に「新規レイヤー」をつくり、白100%を塗ります。

anmitsu007

⑦「背景レイヤー」はロックされていて移動できませんので、「背景レイヤー」をWクリックして名前を変え、
 一番上に移動します。

anmitsu008

⑧カラーにしたい部分を選択し「レイヤーマスクを追加」をクリックします。

anmitsu009

⑨イチゴ以外がマスクされ。その下の2番目のレイヤーの画像が見えます。

anmitsu010

⑩確認のため、チャンネルに戻って見てください。
 CMYKそれぞれを順番にクリックして見ると、C、M、Yのチャンネルのカラー部分以外は真っ白になっています。
 Kチャンネルにはモノクロ画像が見えます。
 これでカラー部分以外は完全なモノクロ画像になりました。

anmitsu011

⑪応用編として、カラー部分以外を完全なモノクロではなく少し深みのあるWトーンの様なグレーにしてみます。
 描画色を選び、C=30%、M=20%、Y=20%、K=100%を指定します。

anmitsu012

⑫「レイヤー1」を選択し「透明ピクセルをロック」にチェックを入れ、「option+delete」で描画色を
 塗ることができます。
 再度チャンネルに戻って確認するとC、M、Yの各チャンネルのカラー部分以外には薄い画像が見えます。
 Kチャンネルには濃いモノクロ画像が見えます。

anmitsu013

カラー以外は先ほどより少し青みの強い深みのある黒の画像に変りました。
この方法でやればカラー部分以外に好きな色を簡単に塗る事ができ、後での変更も楽にできます。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/298-e60fad10