制約の中から花開いた「四十八茶百鼠」 -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » 制約の中から花開いた「四十八茶百鼠」

制約の中から花開いた「四十八茶百鼠」

グラフィックデザインの仕事でも、予算の関係で色数や紙質などを制約される場合もあります。
これを制約と解釈しないで、フルカラーよりも黒1色、アート紙よりもクラフト紙などで面白い効果が出せないかを工夫したいものです。
「四十八茶百鼠」は贅沢禁止法による制約があったことで生まれました。

「四十八茶百鼠」は「しじゅうはっちゃひゃくねずみ」と読みます。
「灰色」と言わずに「鼠」としたのは江戸時代には火事が多く一度火事が起きると灰になってしまうので「灰」と言う言葉は嫌われていたからだと思います。

江戸時代後期、町人や商人は生活が豊かになってきて良い物を着たい、きれいな色の物を着たいと思う様になり、着る物の素材や色に変化が出て来ました。

そこで、幕府のお役人は「庶民は贅沢は駄目、質素に」と考え、その目的で発令されたのが贅沢禁止法、いわゆる奢侈禁止令(しゃしきんしれい)です。
庶民の「着物の色・柄」だけでなく「生地」にまでも細かく制約を設けました。

当時、着物に関して庶民が身につけられる物の素材は「麻」または」綿」、色は「茶色」「鼠色」「藍色」(納戸色)」のみと制約されてしまいました。
しかし他の人とは違うものを着たいという庶民の欲求は今も昔も変わらなく職人さんがあれやこれやで試行錯誤して色の中に微妙な色調を工夫して着物を染め上げ、多くのお洒落な庶民達の欲求で生まれたのが「四十八茶百鼠」という色合いです。
特に茶系統と鼠系統の多彩な色合いとその都度つけられる新しい「色名」が次々と生まれました。
決して華やかではないのですが、中間色の「粋」で洗練された日本の色彩文化の誕生でした。

下記は「四十八茶百鼠」の代表的な「茶」「鼠」のカラーバリエーションです。
「四十八茶百鼠」の四十八や百は色数ではありません。多色と云う意味です。
茶系統も鼠系統も実際には、100以上の色名がありますが、言葉のゴロ遊びで「四十八茶百鼠」と名付けられました。その微妙な色彩の違いを当時の人々は見極め、楽しんでいたのは驚きです。

48cha


100nezu

当時の人が特別に優れた色彩能力があった訳ではなく、皆さんも、DICやPANTONEの色見本帳で色を選ぶ時、あんなにたくさんの色があるのにこれとこれの中間が欲しいなどと、思う色がなかなか見つからない経験があると思います。
そもそも、日本人は色彩を分析し見分ける能力が世界でもトップクラスと立証されています。

先人達に見習い、心意気と力量のあるデザイナーを目指したいものです。
色見本は「日本の伝統色」 http://irocore.com/ から引用させて頂きました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-10-24 11:56 │ from URL

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/302-468a2a00