水引細工をillustoratorでつくる -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » 水引細工をillustoratorでつくる

水引細工をillustoratorでつくる

2mizuhiki01
2mizuhiki02

金沢では水引細工が有名ですが、illustoratorでつくってみます。

2mizuhiki03

1.長さ15mm、太さ1.3mmのグラデーションの線を1.5mm間隔で6本描き、グループにします。
2.長方形ツールで巾15mm×10mmの長方形の塗りなし,線なしにし、線6本の背面に送る。
3.1~2でつくったものを整列で天地左右をセンター合わせにし、グループにし選択します。

2mizuhiki032

4.「ウインドウ」メニュー→「ブラシ」→「新規ブラシ」→「パターンブラシ」→名前は任意で→「OK」。

2mizuhiki04

5.上の様な線を描き、4で登録したブラシがブラシメニューの下の方にあるのでそれを適用すれば、
  次の図になります。

2mizuhiki05
2mizuhiki06

6.ブラシを適用し、「オブジェクトメニュー」→「アビアランスを分割」→「オブジェクトメニュー」→「パス」→
 「パスのアウトライン」→「ウインドウ」メニュー→「パスファインダー」の分割。

2mizuhiki07

7.部分的に選択し、色をスポイドで塗り替えれば完成です。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/305-250b96a7