Photoshopの「8bit」と「16bit」の違い。 -

デザイン雑学 ホーム » Photoshop » Photoshopの「8bit」と「16bit」の違い。

Photoshopの「8bit」と「16bit」の違い。

Photoshopの、イメージ/モードの中に「8bit/チャンネル」、「16bit/チャンネル」、「32bit/チャンネル」というものがあります。
最近のPhotoshopでは、「8bit」の画像だけでなく、「16bit」でも、調整レイヤーなど、さまざまな機能が使えるようになりました。
繊細な写真をレタッチする場合は「16bit」を選んでください。
「32bit」はデータが大き過ぎるのでお勧めできません。

『8bit」とは、2の8乗、すなわち、2×2×2×2×2×2×2×2=256ですね。
「16bit」とは、2の16乗で、65,536です。
「8bit」は白から黒までを、256の階調のある画像で、「16bit」は白から黒までを、65,536の階調のある画像です。

つまり、「16bit」の方が、「8bit」より階調の幅が圧倒的に広いため、階調飛びも少なく、いろいろと手を加えていった時には、「16bit」の画像の方が劣化が少ないのです。
ただ、ファイルサイズがとても大きくなってしまい、「8bit」では使えるツールが「16bit」では使えなかったりするので、写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色調補正などのレタッチ作業やトーンジャンプが起こりやすい作業は「16bit」で行い、それ以外の作業は「8bit」のまま行います。
Illustratorなどに配置する「eps」や「psd」など最終的に保存する時は「8bit」に戻します。

「8bit」の256階調あれば、人間の目にはきれいに見えます。
でも、青空に浮かぶ薄い雲などの写真の明るさやコントラストなどを調整すると、なだらかなグラデーションでは、階調がなめらかに出ず、トーンジャンプが起きます。
デジカメの画像には、フィルムのような粒子が無いため、トーンジャンプが起こりやすいので、ノイズを加える方法も良いでしょう。

次の画像を見てください。
上は「8bit」画像を明るくするため調整レイヤーでトーンカーブかけ、そのまま統合したものです。
下は「8bit」画像を「16bit」画像にし、明るくするため調整レイヤーでトーンカーブかけ、そのまま統合した後に「8bit」に戻したものです。
8bit

16bit

この画像は解像度が小さいため画像を見ただけではほとんど変化はありませんが、350dpiなどの大きな画像ではトーンジャンプなどが見えます。
変化の確認のため「イメージ」メニューの「色調補正」/「レベル補正」で比較するとはっきりその違いが分かります。
「8bit」のヒストグラム(山形の明暗ピクセル分布)はトーンジャンプを起こしているため、櫛の歯が欠けたようになっています。
「16bit」のヒストグラムは白い隙間はありません。

Photoshop5.0以前のバージョンでは「16bit」が無かったのでノイズを加える方法しかありませんでしたが、いまも画像によっては上記方法でトーンジャンプを消せない場合もあります。その時は「16bit」にした後で、350dpiのデータでノイズを2~3(均等分布)に適用した後で「8bit」に戻せばトーンジャンプは起きません。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-04-05 20:51 │ from URL

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/57-5d002a34