Photoshopの「照明効果」01 -

デザイン雑学 ホーム » Photoshop » Photoshopの「照明効果」01

Photoshopの「照明効果」01

オブジェクトを切り抜いて影をつくったり、スポットライトを当てた様にするなど、「照明効果」は便利な機能のひとつです。
ただ、メモリ消費が大きいので、開くアプリケーションはできるだけ「Photoshop」のみにしてください。
また、モードは「CMYK」は不可、「RGB」のみしか扱えません。

試しに次の順序で簡単な物をつくって見てください。

下の画像に陰影をつける方法です。
説明のため少し極端に陰影をつけますが、加減をしながら最良の画像をつくってください。
ボール1
1.まずボールを切り抜いたら「フィルタ」メニュー/「描画」/「照明効果」 を
  選ぶと下記の画面に変わります。

ボール2

2.左のプレビューの楕円形のポイントは拡大縮小したり回転ができます。
  デフォルトでは光源が右下になっていますので、光源を回転し左上にします。
  プレビューを見ながら照度、焦点、属性などの各バーを動かしながら、
  希望の状態になったら 「OK」をクリック。

ボール3

3.ボールのレイヤーの下に新規レイヤーを追加し、楕円を描き、
  ぼかした影をつくれば完成です。

ボール4


次回は、宝くじを買いそびれた人のために、「Photoshop」の「照明効果」で「金」をつくる方法です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/61-0375734b