和欧混植組版の問題点 -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » 和欧混植組版の問題点

和欧混植組版の問題点

近年、特に欧文文字の混入率が高くなり、和欧混植組版は日常的に行われていますが、その規則性が統一されていないため混乱を生じています。
以前から、本文組みの和欧文間のスペースは一般的に標準値として、4分アキが視覚的に適性とされていると言われています。
「Adobe Illustrator」も「Adobe InDesign」もデフォルト値として、25%から50%を自動的に設定されていますが、カスタマイズも可能になっています。
「Illustrator」も「InDesign」も同じですが、下記は「Illustrator CS5」の書式メニューの中の「文字組みアキ量設定」の画面です。

欧文

和欧混植組版では、和文文字は全角ベタ組み、欧文文字がプロポーショナル組み、さらに和文禁則処理が施されます。
それに加え、和欧文間のスペースを取ると、1行の行長に端数が生じますので、右端を揃えるためにジャスティフィケーションを行います。そのため和欧文間は1行ごとに異なります。
ジャスティフィケーションはソフトで自動処理をするため、1行中の空きスペースにムラが生じ、空き過ぎや、詰まり過ぎが多く見られることにもなります。
長い欧文が混入している場合はハイフネーション処理を行うことでこの問題はある程度回避できます。
「Illustrator」も「InDesign」にも「ハイフネーション設定」がありますのでぜひこの処理をして、可読性のある、きれいな文字組みを行ってください。

文字つめ1

Aは、段落でジャスティファイと強い禁則に設定のみ。
Bは、文字設定でカーニングを自動に設定。段落で強い禁則を設定。
Cは、文字設定でカーニングを自動に設定。段落で強い禁則を設定し、
   文字組みの「行末約物半角」を「なし」に変更、
   その下にある「ハイフネーション」にチェックを入れると
   英単語に自動的にハイフンが入り、改行されます。
   右肩のオプションでハイフネーションの詳細設定ができます。
   また文字組みの「行末約物半角」を「なし」にしましたが、本来は「文字組みアキ量設定」で
   詳細を設定してください。
   MACデザインアカデミーでは「文字組みアキ量設定」データの一例を生徒に渡してあります。

tsume2-2

また、和欧混植組版では「ベースライン揃え」という問題があります。
和文フォントは視覚的に全角ボディの中心に揃うように設計されていますが、欧文フォントは小文字の「y」や「g」「p」などの様にベースラインより下にある文字もあり、ベースラインを基準に揃える様に設計されています。
和文フォントと欧文フォントの設計上の大きな違いのため、和文と欧文が同一行に組まれた場合、視覚的に揃わないという問題が生じます。
日本語と混在する場合文字揃えを「欧文ベースライン」に指定しても漢字よりも英文が上がって見え、大文字の天地の大きさは、漢字に比らべ小さく見えます。
文字の大きさを揃えようと欧文を拡大すると太さのバランスの問題もあり、和欧混植組版は非常に難しいです。

下記の4つのどれが良いと思いますか?
1.和文20ptの小塚ゴシックM、英文20ptのHelvetica Neue Regular、文字揃え欧文ベースライン。
2.和文20ptの小塚ゴシックM、英文24ptのHelvetica Neue Regular、文字揃え欧文ベースライン。
3.和文20ptの小塚ゴシックM、英文20ptのHelvetica Neue Regular、文字揃え中央揃え。
4.和文20ptの小塚ゴシックM、英文24ptのHelvetica Neue Regular、文字揃え中央揃え。

文字3

上記内容は一般の雑誌、書籍などの組版の話として、和欧文間のスペースは4分アキが適性と言われていますが、広告やカタログなどのグラフィックデザインでは、和文の字間をつめる場合が多くありますので、この場合は和欧文間の適性スペースは多くても10%以下が良いでしょう。
下記を参考に自分の最良と思うものを見つけてください。当然、もっと繊細なカーニングバランスは必要ですが、自動カーニングを採用した場合は、私は「3」が良いと思います。
1.和文はベタ組み、和欧文間のスペースは、デフォルトの4分アキのまま。
2.和文カーニングを自動、和欧文間のスペース全てを「10%」アキ。
3.和文カーニングを自動、和欧文間のスペースは「0%」、「MAC」の前のみ10%アキ。

文字4

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
この記事に対して、組版に精通されている専門家から下記のコメントを頂きました、ありがとうございました。

少し気になりましたので…
文字組みは「なし」にするのはあまり賛成できません。
それなりにアキ量設定をカスタマイズするべきでしょう。
また、>欧文のベースラインの位置は仮想ボディより下がっている…
というのは大きな間違いです。
以下は InDesignの記事ですが、少しは参考になるかも…
http://d.hatena.ne.jp/works014/20111110


追伸
追伸です。
一番の問題は和欧文間のアキを述べながら、
文字組みを「なし」にしていること。
なしでは和欧文間の設定は無視されますので…。
そこのところが理解不足ではないかと感じます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

少し気になりましたので…

文字組みは「なし」にするのはあまり賛成できません。
それなりにアキ量設定をカスタマイズするべきでしょう。
また、>欧文のベースラインの位置は仮想ボディより下がっている…
というのは大きな間違いです。
以下は InDesignの記事ですが、少しは参考になるかも…
http://d.hatena.ne.jp/works014/20111110

2012-11-04 20:51 │ from works014URL Edit

追伸

追伸です。
一番の問題は和欧文間のアキを述べながら、
文字組みを「なし」にしていること。
なしでは和欧文間の設定は無視されますので…。
そこのところが理解不足ではないかと感じます。

2012-11-06 06:38 │ from works014URL Edit

再び…そして猛省を…

再び書き込んでおきます。web上に以下の文章があります。
-----
和欧混植組版では「ベースライン揃え」という問題がある。これは和文フォントと欧文フォントの設計上の相違に起因している。和文文字は文字のセンターが視覚的に揃うように全角ボディの中心にデザインされているが、欧文文字はベースラインを基準にデザインされている。
したがって和文と欧文が同一行に組まれた場合、文字の並びが揃わないという問題が生ずる。欧文フォントは、書体ごとにベースラインが微妙に異なっているが、大文字と小文字はベースラインを基準に横の並びを揃えている。
欧文のベースラインの位置は仮想ボディの中心より下がっているため、和文と組むと欧文の大文字は上がって見える。また大文字の天地の大きさは、漢字に比して小さく見えるため並びが悪くなる。これは純欧文フォントを使うかぎり宿命的な問題である。
並びについては、ベースライン下げ機能を使って見かけ上揃える方法があるが、その他に漢字と欧文文字の大きさの揃えと、ウエイト(太さ)のバランスの問題がある。(http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=2091 より)
-----
酷似していますが、あなたの記述では「欧文のベースラインの位置は仮想ボディより下がっている」と【の中心】という部分が欠落しています。
正しい知識がなく、まして自分で考えて書いた文章でもないので、私の指摘の意味がわからなかったのだと思いますが、恥ずかしいことだと自覚すべきです。猛省を求めます。

2013-09-29 19:32 │ from works014URL Edit

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/63-62f2b59f