トーンとは -

デザイン雑学 ホーム » 色彩 » トーンとは

トーンとは

下図の色は、中央上より赤、黄、緑、青、紫、紅の基本色で↑が純色です。純色の中心を明るく、外を暗くした色のバリエーションです。
形容詞として中央より、薄い、浅い、明るい、強い、鮮やか、濃い、暗い、鈍い、明るいグレイ味、グレイ味、暗いグレイ味などと言います。

このように「明るい」「暗い」「鮮やか」などの 色の調子を「トーン」と呼びます。
「トーン」は「明るさの度合い」と「色味の度合い」などによって決まります。明度と彩度をひとまとめにし、直感的に色の印象を表現したものです。

色は「明度」「彩度」「色相」の三属性で表すことができます。 しかし「トーン」を使えば、色を「色相」と「トーン」の二属性で表すこともできます。

トーン色環

●純色
純色とは各色相の中で最も彩度が高い鮮やかな色です。「ビビッド色」とも言います。

●中間色(濁色)
純色に白や黒を加えてできる濁った色を中間色と言います。これらのトーンを中心に配色されたものを「トーナル配色」と呼びます。「トーナル配色」は、地味、穏やか、落ち着き、などのイメージがつくられます。
濁色とも呼びますが、一般的に濁色と言うと印象が悪いので中間色と呼ばれます。
でも、私は変わっていますので個人的に、濁色の言葉は嫌いではありません。
日本の伝統色にある深みのある色を「中間色」と言ったり「トーナル配色」と言ってもピンと来ません。「深みのある濁色」と言った方が重みがあって良いです。

言葉にすると理解するためには、もっともっと多くのことを書かなくてはなりませんが、とにかく一度とは言わずに何度でも絵の具を使って、純色に白や黒を少しずつ混ぜてたくさんの色をつくってみてください。
その様な経験をしてから色々な色彩理論を勉強すればより理解力も出ます。

MACデザインアカデミーでは、絵の具を使っての混色の勉強はもちろんですが、コンピュータで作品を作る時も、カラーチャートを見ながら、CMYKの%を意識しながら制作します。
教室の中では、この色は「Cを10%」減らして「Mを5%」増やそうなど、プロの現場と同じ様な会話が飛び交っています。

MACのなかった昔のデザイナーは、1日に何度もポスターカラーで混色して着色し、カラーチャートを見ながら、プロセスカラーと呼ばれる「CMYK」の色指定をやっていました。
これからプロのデザイナーを目指すならば、当然それらの経験を積まなければなりません。
基本中の基本もやらないでデザイナーになることは難しいと思います。
次回も、もう少し「トーン」について勉強しましょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

No title

よくわからねぇしんなことかいても

2011-09-03 09:58 │ from sckんdhわgURL Edit

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/67-5aa32aba