右脳と左脳 -

デザイン雑学 ホーム » アート・デザイン » 右脳と左脳

右脳と左脳

脳には、右脳と左脳があります。
右脳は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚などの五感を認識する知覚・感性の脳。
左脳は文字や言葉などを認識する思考・論理の脳と言われます。


また、左脳は言語の読み取り能力があり、日本語のひらがなやカタカナの読み取りは左脳の働きと言われています。しかし,漢字の読み取りについては,右脳の方がよく働いていると言われます。
漢字には一文字一文字に意味をもっていてその意味が形にも表現されています。つまり漢字は一種の図形だからでしょう。

ところが,漢字を並べた熟語や,漢字とかなの混時じった文章の読み取りになると,今度は左脳の方が働くそうです。
峠

上記例は、実に分かり易く良くできていますよね。
もっといろいろありますので調べてみましょう。イヤ、つくってみるのも楽しいでしょう。

「画家や音楽家など芸術的・創造的な能力は右脳の働きで、論理的・現実的な能力は左脳の働き」という話は良く聞きます。

では、グラフィックデザイナーは右脳派なの?左脳派なの?
グラフィックデザイナーは形を創ることでは右脳の働きの様にも思えますが、意味の無い形のみのものはデザインとは言いません。いろいろな要素を分析してコンセプトを柱に左脳で論理的に考えて、その表現を右脳で感覚的に創り上げることが仕事です。
作品の中には、いかにもアート的な作品もあったり、計算されつくした作品もあったり、さまざまな作品があります。
一見アート的な作品も、そのデザイナーはしっかりとした計算の上になりたってのデザインであったりもします。
デザイナーは右脳も左脳もフル回転させなければいけないのです。

フル回転すると疲れますとか言って、使わないでいると退化しますよ。
退化しちゃうと良い仕事はできませんので、どんどん使ってシワ(脳溝)を増やしましょう。

あなたは「右脳」派ですか?「左脳」派ですか?それとも「どっちも」派ですか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/74-3f7a7410