範囲を指定して、「Illustrator」から「Photoshop」への書き出し -

デザイン雑学 ホーム » Illustrator » 範囲を指定して、「Illustrator」から「Photoshop」への書き出し

範囲を指定して、「Illustrator」から「Photoshop」への書き出し

ドキュメントに複数のアートボードが含まれる場合の書き出す方法などは知らなくても良いのですが、Illustratorで画面からはみ出しているオブジェクトをPhotoshopへ書き出す際は、いままでは、四角を描き、「オブジェクトメニュー」の「トンボ」で指定すれば、その範囲がPhotoshopへ書き出すことができました。
しかし、Illustrator CS5から「トンボ」がメニューから消えました。

「トンボ」とは何かを知らない人はいないと思いますが、「トンボ」のことは最後に書きますので、最初に「Illustrator CS5」から「Photoshop」へ書き出し方法を書きます。

まず、四角を描き、「オブジェクトメニュー」の「アートボード」の「アートボードに変換」を選ぶと元からあった「アートボード」の他に、もうひとつ「アートボード」が追加されます。
追加された「アートボード」のみの範囲を書き出したい場合は「オブジェクトメニュー」の「書き出し」を選んで「各アートボードごと」にチェックを入れ、範囲を「1-2」と入力し、「書き出し」をクリックします。

とんぼ2

元からあった「アートボード」と2つ目の追加された「アートボード」の両方を「書き出し」したい場合は「各アートボードごと」にチェックを入れ、「すべて」にチェックを入れ、「書き出し」をクリックします。

個人的には、Illustratorで何ページも書類をつくるのは反対なので、複数ページを同時に「書き出し」することもないので、以前の「オブジェクトメニュー」>「トンボ」>「書き出し」が楽だったと思います。
最近、Illustratorに限らず、アプリケーションがどんどん複雑で難しくなっています。
これって便利と言うのでしょうか?生徒にも私にも、なかなか辛い毎日ですが、これも脳の鍛錬、頑張りましょう。

気を取り直して・・・「トンボ」とは
Illustratorは、発売当初からトンボの機能がついていますが、大きく2つの機能に分かれ、名前も紛らわしく、しかもバージョンによって違ったりするので覚えるのが大変ですね。

「トンボ」とは印刷物を印刷する際の版ズレを防ぐための見当合わせと、仕上がりサイズに断裁するための目印です。十字形のものをセンタートンボ、L字形のものをコーナートンボと言います。
Illustratorでは昔から「トリムマーク」と「トンボ」の2つが存在しましたが印刷用のいわゆる「トンボ」は「トリムマーク」のことを言います。
ところが最近、「トンボ」、「トリムマーク」、「トリムエリア」と「アートボード」と関連項目が4つに増えました。
印刷用の「トンボ」を作成する場合は「トリムマーク」でつくってください。
でも、Illustrator CS5では「ファイルメニュー」>「プリント」>「トンボと裁ち落とし」で「すべてのトンボとページ情報をプリント」にチェックを入れても構いませんが、「トンボ」だけにチェックを入れても構いません。この方法は、ファイルに「トリムマーク」をつくらなくても大丈夫です。これが一番簡単でお勧めです。

ぷりんと

「すべてのトンボとページ情報をプリント」にチェックを入れるとすべてのトンボにチェックが入りますが、「レジストレーションマーク」、「カラーバー」などは製版の場合に印刷会社がチェックを入れるものです。プリントアウトだけの場合は必要ありませんが、興味のある人はやってみてください。他はデフォルトのままにしておいてください。

「トリムマーク」の作成
仕上がりサイズの長方形(線の色は必ず無しにする)を選択した状態で次の様に実行します。
仕上がりサイズのオブジェクトは長方形でなくても作成が可能です。また、パスに線が設定されているとその線幅の外側に作成されますので、正確には仕上がりサイズ通りにはつくれません。また、トリムマークはいくつでも作成できます。トリムマークはCMWK全ての版に必要ですから色はレジストレーションにします。

Illustrator CS3まで:「フィルタ」>「クリエイト」>「トリムマーク」

Illustrator CS4の別途公開されたプラグインを入れると:「オブジェクト」>「フィルタ」>「クリエイト」>「トリムマーク」

Illustrator CS5:「オブジェクト」>「トリムマークを作成」こちらが従来の方法と同じです。

Illustrator CS4,CS5:「効果」>「トリムマーク」
この「トリムマーク」は「アピアランス属性」なので元の長方形を変形すると追従します。
またパスとして選択できないので、パス形状にする場合には、「オブジェクトメニュー」>「アピアランスを分割」を実行。この時、元の長方形が色無しになっていると元の長方形は見えなくなります。

CS4でフィルタメニューが解体され、トリムマークは一旦アピアランス属性のものだけになりましたが、2009年12月からプラグインで追加できるようになりました。(「オブジェクトメニュー」にフィルタが追加される。)
CS5では最初から「オブジェクトメニュー」に入っています。

「トリムマーク」は「パス」または「アピアランス属性」の2種類から選べるようになりました。
ホントややこしいですね、ごめんなさい。できるだけ分かり易く書いたつもりですが理解できましたか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ggdesign.blog48.fc2.com/tb.php/82-7eca9e8f